toto予想-解析!気ままにtoto予想-

過去のデータからtoto予想ができる!?totoの試合を予想して、1等を当ててみせる!

スポンサーサイト

    【 totoブログランキング 】   【 サッカーブログtoto 】
toto予想するなら、Club toto会員になるべし!
  ネットでtotoが買いたい人は「Club totoのススメ」のページを見よ。



にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ
にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  totoランキング
にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ





↓↓入会・年会費無料のClub totoの会員になりたい勇者はココに集う↓↓


minitoto 稼げるのは何月か?

    【 totoブログランキング 】   【 サッカーブログtoto 】
toto予想するなら、Club toto会員になるべし!
  ネットでtotoが買いたい人は「Club totoのススメ」のページを見よ。



にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ
にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ



メールにて、minitotoは月ごとに配当金額が高かったり低かったりするのか?
という質問があった。
今回はそれについて調べていこうと思う。
対象データ:2006~2009年のminitotoA、B組賞金

そのためにはまず、これを念頭に置いておいて欲しい。

人気の偏りがある方が、高額賞金は生まれやすい

では最初に、単純に月ごとに賞金の平均額を計算。

minitoto_tukiheikin_t.jpg

平均のため、まぁそれなりにデコヘコはするだろう。
しかし、6月だけが異様に数値が低いことに注目してみる。

これをA組、B組に分けてみるとこうなる↓

minitoto_tukiheikin_ab.jpg

青の棒線であるA組もたしかにやや低いが、
オレンジ棒線のB組が6月の全体の平均をかなり押し下げていることがわかった。

そう、6月といえばナビスコ杯予選の時期と重なるわけである。
筆者の考察である為、的確な結論かどうかは読む側の判断としていただきたいが、

1.強豪チームは予選に含まれない
2.予選終盤は消化試合が多い
3.準々決勝も対象の時がある


つまりこう言いたい。
ACL出場のチームなどは予選を戦わないため、
実力差のあまり大きくないチームが予選を戦うことに。
=人気の偏りは比較的大きくなりにくい。

予選の終盤にさしかかると、予選敗退チームには消化試合が出てくる。
新しいシステムや若手の起用など、意識はリーグ戦に向けられる。
そうすると順当な試合結果になりやすい。

準々決勝の試合に至っては、強豪同士の試合になるために予想は偏りにくくなる。
しかもこの準々決勝は全てB組に振り分けられている。

以上から、6月、特にB組は高額配当が出にくいという解析結果になった。



次に、高額はどの月で起きやすいかというのに目を向けてみよう。
さっきのグラフでは、7月が高くなっていた。
そして3~5月も安定して高い賞金傾向を示している。

実は、高額賞金ランキングに大きな傾向があることも影響する。
100聞は1見にしかず、minitoto高額ランキングを見てくれ。

4、5、7月がほとんどを占めている。
つまり、minitotoの大波乱は前半戦に発生しているのだ!

でも3月は大波乱が起きていないぢゃないか!?って突っ込もうとしてる君!
まあ待ちたまえ、次のグラフを見ていただこう。

minitoto_wariai_t.jpg

これは、高額賞金はどのくらいの割合で発生しているか?
というのを月別で表したものだ。
(10,000円以上を高額賞金と設定)

3月においては高額賞金発生率6割以上という驚異的な数値ではないか。
3月はコンスタントに高額賞金が生まれていることになる。
また、先に述べていた4、5月も発生率5割である。

minitotoの高額を狙うのならば、
大波乱が起きやすく、そして発生しやすい3~5月がベストだろう。
前半戦に波乱が起きやすいという理由として思うに、
totoラーが前年のチーム実績を意識するがゆえの
「先入観」がまだ抜けきれない時期だからなのかもしれん。

ん?
なぜずっとグラフの12月の異様な傾向に触れないのかって?
あんた、いいカンしてるねえ~。

12月はJリーグの閉幕時期で、開催回数が極端に少ない。
2006~2009年のA組で6回、B組で4回しか開催していない。
そのサンプル数の少なさのため、解析の対象から除外したってわけ。

ただ、あえて言うならB組はその4回中、全てが10,000円以上の高額である。

ではでは、minitotoの購入は自己責任で頼むぞ。



  totoランキング
にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ





↓↓入会・年会費無料のClub totoの会員になりたい勇者はココに集う↓↓


スポンサーサイト

minitotoは高額を狙え? 2009

    【 totoブログランキング 】   【 サッカーブログtoto 】
toto予想するなら、Club toto会員になるべし!
  ネットでtotoが買いたい人は「Club totoのススメ」のページを見よ。



にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ
にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ



さて、今回の2009年のデータ解析についてはminitotoを対象としよう。

たかが5試合予想のminitoto。
されど、minitotoである!!
minitotoをナメてかかる輩は必ずminitotoに泣くであろう。

以前にも述べたが、minitotoが難しい理由として、
1.minitotoは、totoと違い1等しか賞金がもらえない。
2.賞金が微少の場合があり、当たっても元が取れない。
というのがある。

つまり、totoのように2等保障などのマルチ削除は使えない。
仮に当たっても、1,000円単位や時には100円単位だって充分にあり得る。

掛け金を高額にしたくないminitotoでは、
大胆な予想はしにくいのである。

ついつい順当な予想になってしまうものだ。
順当な予想しかできないと、当たっても元が取れない。
さらに順当に予想したとしても、それすらハズれば目も当てられん・・・。

前回同様に言う、、、高額配当のみに予想すればいいのだ。
2009年についてのみのデータを示していこう。
(2006~2008年の総合データについては「minitotoは高額を狙え?」を参考にしたまえ)

ココで言う高額配当を10,000円以上と仮に設定する。
高額配当が発生する確率は、、、

A組・・・54回中、27回・・・50.0%
B組・・・52回中、28回・・・53.8%

つまり2009年についても、
minitotoは高額を狙え?」の結果同様に
2回に1回は高額配当が発生しているのだ!!

次にA組、B組同開催にのみ焦点を当てて見てみよう。
実はAB同時開催の場合は、
71.2%の確率でどちらかが高額配当である。
これも2006~2008年の総合データとほぼ同じ数値となり、驚く限りである。


さらに超高額配当を20,000円以上と仮に設定すると、

A組・・・54回中、11回・・・20.4%
B組・・・52回中、12回・・・23.1%

まあ超高額配当にするとこんな結果。

超高額配当については、
2006~2008年データは49.5%の確率でどちらかが超高額配当であったが、
2009年のみでは残念ながら、34.6%と多少かけ離れたデータとなった。

ただし、それでもA、B組同時開催において、
3回に1回はどちらかが超高額配当である。

さて、2010年はこのデータどおりのminitoto高額がわんさかやってくるのか否か?
くれぐれも、minitotoの購入は自己責任でやってくれ。



  totoランキング
にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ





↓↓入会・年会費無料のClub totoの会員になりたい勇者はココに集う↓↓


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。